« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

花~SPバラ~

小輪のスプレータイプのバラは清楚で好きです。

お花長くを楽しむために、最初に余分な葉っぱを

出来るだけカットしておいたほうが長持ちします。

Sprose

Sprose1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーバルキャットの赤ちゃん

サーバルキャットの赤ちゃんo(*^▽^*)o

食肉目のネコ科動物ですが、赤ちゃんは可愛いぃ~heart

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】~あかちゃんnote

Cat

みんなから愛されてスクスクと成長しますようにclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドベンチャーワールド~マーラ~

アドベンチャーワールドで旦那様がすぐに見付けましたsign01

さすがでございます。我が夫……。 .(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ 

残念ながらカピバラさんではありませんでしたが、

彼の好きなカピバラさんと同じ種類の良く似た動物・・・『マーラ』でした。

『マーラ』とは、

げっ歯目・テンジクネズミ科

分 布: 南アメリカ

ちなみに、カピバラは世界一大きなげっ歯目のネズミ科。

Mara

カピバラと違いとても足が長くて細いです。

Mara1

つぶらな瞳がとっても可愛くてとても温厚なマーラさん。

長いまつげがキュートでしたheart02

Mara2

おとなしくて一生懸命食べてます

Mara4

あまりにも幸せそう~heart04にマーラとたわむれる旦那様(^-^;

はい、チーズcamerasign03

無邪気な子供にしか見えませんでした( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山県~橋杭岩~

以前、友達が旅行した時に「橋杭岩」の写真を見せてもらって以来

ず~っと気になってた場所ですhappy01

串本町にある吉野熊野国立公園・天然記念物である『橋杭岩』

串本の東岸から大島へ向かって、大小40余りの奇岩が一直線に並んでいます。

この岩には伝説があって、

弘法大使が紀州行脚の際、この地に立ち寄り

向かいの大島へ渡るため、天邪鬼に手伝わせて

橋を架け始めたが、天邪鬼が疲れて鶏の鳴き声をまねたので

大使は夜が明けたと思い中止し、その橋だけが残ったと言われています。

Hashigui5

大きな岩がごろごろと転がっている風景にビックリw(゚o゚)w

Hashigui2

岩と岩の間から流れる風が冷たくて、美味しくて心地良かったな。

Hashigui

澄んだ海と広がる空の青いコントラストがたまらなく好き

Hashigui4

何千年もの歴史を経てここにある岩たち。

自然の造形美に圧倒されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花~ブローディア~

初夏の季節にぴったりの涼しげ風情を感じさせるお花。

ユリ科の耐寒性の球根植物。

庭花にもよく用いられる花です。

ブローディアは少し寂しげな花に見えますが、

空間に出してアレンジメントすると途端に爽やかな花へと変身shine

花が透けてきたら花がら摘みのサインです。

Burodhia

Burodia1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花~ころんころんガーベラ~

花屋tulipで目eyeがあってしまった

『ころんころんなガーベラさん( ^ω^ )』

フレッシュなオレンジを連想させるビタミンカラーが魅力的heart01

形状がころんころんで可愛いぃ~heart02

Orange1

Orange

後ろ姿も魅力的です。

自然が作り出す造形美shine

人の心をはっとさせ感動をもたらしますconfident

自然が持つありのままの姿はとても美しいshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の中休み~夕暮れ~

梅雨の時期には珍しいカラッと晴れた日の夕暮れ時

自宅のベランダから見える太陽がお休みする前に

見せてくれた一瞬の美しさshine

Sunset_2 

ピンク色の雲が町をやさしく包み込んでいる感じ。

子供のころから空を見るのがたまらなく好きです。

どうしてかな・・・

ゆっくりと青が消えていく夕暮れどき。

暮れ色の空は、どの時間の、どんな空よりも

やさしい色をしていますclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~プリザーブドフラワー~

プリザーブドフラワーのオレンジ色のバラ。

この色が好きです。

プリザーブドフラワーとは、

生花に特殊加工液を施すことにより、

生花のような風合いとみずみずしさを

長期間楽しむ事が出来ます。

1991年フランス・パリで誕生し、

日本へは1996年から輸入が始まりました。

このNEWタイプの花が世の中に誕生することにより

プライダル業界や花屋さんで革命が起きました。

私にとってもこの花との出会いは大きいです。

Preor   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HRM-マシュー展

ニュース『VOICE』で紹介された

ヒューズ・ロジャー・マシュー展~共生への架橋~

芦屋市立美術博物館まで足を運びました。

マシューさんは1972年生まれ。

幼少期をハイチで過ごされました。

様々なモチーフ(題材)とマテリアル(素材・原料)による

ミクストメディア(混合技法)を得意とする『壁画作家』

本年1月12日に発生したハイチ地震の復興活動に

意欲的に取り組まれている方です。

今回の出展作品は、

日本の「浮世絵」をモチーフに、

背景に西洋古典画(ゴッホやミレーなど)が描かれたり、

人物がブードゥーの神々(アフリカの神々)を見に付けていたりします。

日本人にはない鮮やかな色彩感覚と自由な表現スタイル。

観る人の想像力を掻き立てる独創的な空間感覚。

夫婦で感動しました(*≧m≦*)heart02

もっと彼の作品を観てみたいです。

http://www.art-hrm.com/top.html

Hrm2

Hrm1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

basil の成長

以前に植えたバジルの種。

5日程で芽が出て、あっと言う間にふたばちゃんが

顔を揃えましたhappy01

固い殻を破って自分の力で発芽し

根を張り、ここまで成長しましたshine

可愛いぃ~゜.+:。(*´v`*)゜.+:。heart04

植物が与えてくれる豊かな時間は

人を癒し、幸せにしてくれますclover

Hutaba

Hutaba1_2

間引いたふたばちゃんは大切に大切に頂きました。

小さくてもバジルの味がしっかりしてるんですね。

↓こちらはもう本葉が生え揃い太陽sunと水waveと愛heart

た~っぷり注がれて成長しておりますclover

Basil1

バジルは小さな小さな赤い害虫が葉の裏に付きやすいので

こまめに観察してあげた方が良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

present -プリザアレンジメント-

姉に注文されたプリザーブドアレンジメントpresent

以前の職場でお世話になった女性の先輩が

この度退職されると言うことで。

お洒落に気を使われる独身の女性と言うことで、

『第二の人生を笑顔で楽しんで頂きたいなぁshine』と

そんな願いを込めて・・・heart01

Present

女性が持つ優しさと華やかさを表現してみましたheart02

Present1

後日、姉を経由して先輩の方から写メールを頂きました。

とても喜んで下さったようで、

玄関に大切に飾って下さってるようです。

喜んで頂けて良かったo(*^▽^*)oclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »