« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

花~蓮~

良いタイミングで蓮の花を観ることができましたhappy01

蓮の花の命は4日間です。4日目には花びらが散ります。

最適な鑑賞時間は午前7~9時ごろで、綺麗に開花します。

午後には花が閉じます。

神秘的で美しい姿ですねheart02

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下呂市~清流・馬瀬川~

岐阜県下呂市にある「まぜがわ」は、とても美しい清流shine鮎・アマゴ・岩魚などが多く棲んでいて釣り好きな方には、有名な川のようです。

今の時期は鮎釣りが盛んでたくさんの方が釣りを楽しまれていました。透き通るような水はとても冷たく、目に映るすべてのものが綺麗でしたsun

あぁ~。癒された~heart

Image16

River_2

Image17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛騨高山2

高山陣屋の朝市へsun

地元のおばちゃんが手作りのお野菜や味噌を販売されてました。

Image18

たくさんの種類のお花が安くで販売されていました。

Image20

高山観光のシンボルとも言われる高山陣屋は明治維新までの177年間江戸から派遣された代官・群代が飛騨の政治を司ってた所です。どっしりとした御門が印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行~飛騨高山~

深い緑の山々を通り抜け飛騨高山まで行ってきました。

飛騨名物の飛騨牛・そば・中華そば(ラーメン)・自然薯などなど・・・

食いしん坊の旦那さんと居る間に私も随分大食になりましたpigsweat01

Soba

山菜の天ぷら

Image33

Image15

中華そばは、ちぢれ麺で見た目よりさっぱり。

Image14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園祭~宵々山~

今年も夏の風物詩を体感してきました。night

祇園祭は、7月に京都の市街地で1ヶ月間に及んで繰り広げられるお祭です。13日~16日の前夜祭ともいえる「宵山」の期間は、夕方になると提灯にあかりがともり、山鉾の上ではお囃子(おはやし)が演奏されて情緒深い風景が広がります。

祇園祭には32基の山鉾があります。その中でも『南観音山』は存在感があります。南観音山の特徴は、女人禁制だった山への立ち入りを早くから実現させた山です。また、囃子方に女性が初めて加わったのも有名です。

コンコンチキチン~♪ コンチキチン~♪♪

ほっとする音色ですhappy01

Image9

Image10

Image11 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花~センニチコウ~

かいらしい形と色が魅力的heart

ちょこっと部屋に飾るだけで雰囲気が甘い感じになりますhappy01

ドライフラワーになるので、長く楽しめますclover

Flower28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花~スプレーマム~

紫ピンクのグラデーションがやわらかです。

以前は供花のイメージが強かったけど、ヨーロッパなどで改良された洋菊を中心に花形も豊富になりました。

今ではブライダルにも使われるそうです。

見ているだけで癒されるなぁconfidentheart02

Flower29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚のお祝い~LE CREUSET~

先日、遊びに来てくれたNaoちゃんからのプレゼントheart02

私がル・クルーゼ好きなことを覚えてくれてたのが嬉しかったな~heart

大切に保管しておくのはもったいないので・・・coldsweats01ドリアを作りましたhappy01

ドライカレーの残りに卵とチーズを乗せて「カレードリア」を作っちゃいましたrestaurant

器が素敵なので、美味しそうにできあがりましたwink

お味も好評で良かったわぁscissorsheart04

Cook8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松尾大社~夏越の祓~

お義母さんから「茅の輪」を頂きました。

古来から伝わる「大祓の神事」は毎年6月と12月の2回行われ、半年間の罪穢を人形(ひとがた)に移して川に流し、水の霊力によって祓う神代からの神事です。

6月の大祓は特に水無月の大祓とも、夏越の祓ともいわれ、これからの暑い夏を迎えるにあたり、茅萱(ちがや)で作った茅の輪をくぐり、無病息災・除災招福・延命長寿を願います。 

今年ももう半分終わってしまいました・・・。早いな・・・coldsweats01

残り半年、無事に過ごせますようにclover

Image4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »